ピル処方数日本一【ケイ・レディースクリニック新宿】ピル処方数日本一【ケイ・レディースクリニック新宿】
03-3343-9555
よくある質問

ピルで生理をずらす事はできますか?

ご存知のように生理は女性ホルモンによってコントロールされています。ピルは女性ホルモンそのものですから、服用方法を工夫する事によって、月経周期を調節する事が可能です。 

その他のピルに関する質問はこちら

  • <現在ピルを服用していない場合>

    なるべく早く受診しましょう。遅くなればなるほど、成功率が落ちます。受診するタイミングによって、生理を前倒しにしたり、先延ばしにする事が可能です。

    生理をずらす場合の料金表はこちら

     

  • <現在ピルを服用している場合>

    普段からピルを服用しているのであれば、ほとんど全ての場合うまくいきます。月経を調節するには2通りあります。

    (早める方法)
    仮に7日間早めたい場合、14番まで服用したら、次の日から22番を服用しましょう。
    (15番から21番、7錠を残す。)
    仮に5日間早めたい場合、16番まで服用したら、次の日から22番を服用しましょう。
    (17番から21番、5錠を残す。)

    (遅らせる方法)
    21番目まで服用したら、「遅らせたい日数分、次のシートから実薬(1−21番の錠剤)を前借り」してください。
    5日遅らせたければ5錠、10日遅らせたければ10錠、前借りしましょう。1日1錠服用する、という点は今まで通りです。延長分が終わったら22番目に戻ります。
    28番まで服用したら、新しいシートを1番から開始しましょう。

    余った錠剤は月経を調節する際に使えるので保管しておきましょう。
    どちらの方法でも、避妊効果などには影響がありません。

  • 生理をずらすには中用量ピルを使うのですか?

    低用量ピル、中用量ピル、どちらを用いても生理をずらすことは可能です。ただし、両者の成功率に差はありませんし、中用量ピルには発がん性があります。従って、生理を調節する際にわざわざ中用量ピルを用いるメリットはありません。20年ほど前(低用量ピルが日本で認可される以前)には中用量ピルしか存在しなかったので、それを用いざるを得なかった時代がありました。

  • 生理をずらす事による副作用はありますか?

    うまくずらせるかどうかは別として、生理をずらす事自体は無害です。副作用もありません。

  • 「明日、生理を起こしたいです」

    これは不可能です。月経を先延ばしにする方法をとりましょう。

  • 「昨日から始まった生理を止めたい」

    既に生理が始まってしまった場合、それを調節することは出来ません。